アフィリエイトは絶対に稼げる!

様々なASP(アフィリエイトサイト)を経験談を基に紹介していくブログです。
【定期更新】お小遣いサイト一覧表

■2010年 1月13日更新 全アフィリエイトサイト一覧(PC)
■2010年 1月13日更新 全アフィリエイト一覧(MOBILE)
■2010年 1月13日更新 全ポイントサイト一覧
■2010年 1月13日更新 全アンケートサイト一覧
■2010年 1月13日更新 全ブログで稼げるサイト一覧
■2010年 1月13日更新 全クリック保障型サイト一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は一日オフだった。

友達から教えてもらった「ディーチェ」というゲームを教えてもらった。
まぁ、ログインして見るだけ見てみようと思っていたが・・・。

ハマッタ。。。気分転換にブログを書こうと思い、今、書いているが
朝の10時から初めて気が付いたら夜7:00じゃないか!
時間の無駄なのだろうか・・・。でも、時間を忘れる位物事にはまれるって
素晴らしい事だと思う。
しかも、一銭もかけることなく。

まぁ、商品説明は下記に記しておくが、久々にハマッタ。
是非、おススメしたい。

「DiCE「ディーチェ」はオンラインゲーム+SNSの機能を持ったコミュニティサイトです。
DiCE「ディーチェ」の画期的なところはなんといってもゲームで獲得したポイントを景品法に基づきそのまま景品と交換できるところ。(購入したポイントをそのまま現金に換金することはできません)
これは取得済み特許([文献種別]特許-[登録番号]3810626)を利用したからこそ実現したシステムで、有価証券(電子マネーや商品券等)との交換も可能です。
ゲームを楽しんでさらに貯まったポイントで好きな景品をゲット!
一度で何度でも楽しめる、これまでにないコミュニティポータルです。
もちろんSNS機能も充実!オリジナリティあふれるアバターやブログ、仲良くなったユーザ同士フレンドリストでつながったりと、ゲームをしない方でも存分にお楽しみ頂けます!


スポンサーサイト
一週間丸々休んだ後

良い事が立て続けにおこった。
新聞の拡張で休み明け、契約5本。
また、家に帰ったらメールで漫画の依頼が入っていた。

まぁ、悪い事ばかりじゃないんだなぁと。

昨日、月刊少年誌に連載をしている漫画仲間と飲んだんだけど
その友人が言うには
「連載を抱え、コミックを出していても幸せとは思えない。
でも、どうでもいい些細なことで幸せになれるときがあるんだなと。
例えば、駅近くを歩いたときに貰えるティッシュや、満員電車内で思わず女性の
胸をつついたとき・・・・etc」

最初、その言葉を聞いた時は勝者の余裕の発言と思ったのだが。
昨日の会話で出てくるのは「アシスタントへの愚痴」「漫画担当の愚痴」
等、ずっと俺は聞き役に徹していた。
相当溜まっているようだった。

正直、俺にはその悩みはわからない。
むしろ、喜んで変わりたい。

でも、小さい仕事でもチョコチョコ出来ればそれはそれで幸せなのだと
今の時点、感じなければいけないのかもしれない。

中学生のとき、初めて月刊誌に投稿してそれから常連になり
誰よりも漫画好きは負けないと自負していたあの頃に戻り
漫画(今はエロ漫画)を描き続けてやる!

俺は漫画家だ!!今日は久々に資料(エロDVD)を借りるか。
もちろん経費でね(w
秋葉原事件の続き。

結構精神的に強いほうだと思ったんだけどね。
PTSDまではいかないけど、あの日以来、不眠症なんだよなぁ。

滅多に病気になったことの無い俺が
突然訪れた「死」の意識。
結構ショックだったんだねぇ。自分でも知らない位(笑)

俺みたいな人何人くらいいるんだろ?
極端に笑いが減ったな。
仕事の覇気も薄れてきた。全くペンが進まん。

こうしている内にも時間は過ぎて、頑張っている人には
チャンスが訪れている。
このブログをきっかけに忘れよう。
そんな事言ってもニュースみたら絶対に流れているし
何しろ、忘れたくても絶対に風化させたくない事件でもある。

むぅ、複雑。

親が取材に応じていたが、一体何のためだろう?
親の責任ではないが、謝って済む問題ではない。
被害者心理を考えたら、どう見ても逆なでしている行為としか思えん。

あの加害者の顔にワンパンチ入れたい。

大人気ないかもしれないが、路上でジャーマン極めてやりたい!
クソ!!!
自分が死の直面に立つ瞬間。

これは人生の内で何回くらいあるのだろうか・・・。
こんなお小遣いブログには似合わないシュールな言葉だが
まさに今日は恐怖を感じた。

秋葉原での通り魔殺人。まさに今日、秋葉原にいました。
ネタではありません。11:45にノートパソコンの下調べと同人誌関連で秋葉原に着き
駅中で昼飯を食って12:45頃買い物をしようと駅を出た瞬間

波ではない、雪崩と形容したほうがいいのかもしれない。
人の雪崩が押し寄せてきた。

正直、何が起こっているのか全くわからなかった。
「映画?」「俺に対するドッキリ?」
町の中心部には行かなかったのでその場では何が起こったのかは全くわからなかったが
自分が思っている以上に想像以上の事が秋葉原で起こっていました。

暫く駅中で呆然としながら、駅中でのアナウンスを聞いていた。
とてもじゃないけど、これから買い物しようとする気にはなれず
1時間以上、呆然としながら帰路についた。

あと30分早かったら被害者になっていた可能性は大だったかもしれなかった。

被害者の反抗の理由は「世の中が嫌になったから・・・。」

そんな言い分だったら大半の人は殺人をおこして死刑になっとるわ!!
家に帰ってから無性に腹立たしくなってきた。
この犯人はまだ25歳らしい。 25歳で世の中の何がわかるというのか?

結局7人の方が犠牲となり、まだなお、重傷者がいるようです。
本当に気の毒です。

人生で一番怖い一日でした。 
当分ひきずるだろうな・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。