アフィリエイトサイトに登録する前に

ここでは、「アフィリエイトサイトに登録する前に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ、これからアフィリエイトに登録!しようというところですが
もしも、アフェリエイト自体、意味が分からないのなら、ここで
確認して見て下さい。
まぁ、ここまで難しい気持ちで構えなくていいんですけどね。
でも、背景がわかれば結構たのしいですよ。

アフェリエイトとは、ASPで、アフェリエイトサービスプロバイダーといいます。

インターネットが普及した現在、インターネットは、多くの人達の仕事や遊び、趣味などの多種多様の用途として利用されています。
逆に言うと、インターネットを利用しない生活は、ありえないと言っても、過言では、無いのかもしれません。
インターネットが普及したおかげで、たくさんの人達の生活が今までよりもより豊かになってきているとも思えます。
では、インターネットを利用する方達は、どのくらい居るのでしょうか?

本のインターネット人口は2006年2月調査時点で7,361万9千人になりました。昨年の2005年2月調査(*)の7,007万2千人と比較して354万7千人増(前年比105.1%)と伸びは鈍化しており、2006年12月末では7,661万人となる見通しです。
  インターネット世帯浸透率(利用場所、接続機器を問わずインターネット利用者がいる世帯の比率)は85.4%となり、昨年の82.8%から2.6ポイント増加しています。また、インターネット世帯普及率(「勤務先/学校のみ」「携帯電話/PHSのみ」を除き、自宅の機器でのインターネット利用者がいる世帯の比率)は57.3%となりました。

※インターネット2006から抜粋

上の記事から、インターネットの利用者は、世帯浸透率が85.4%になっています。自宅での利用者は、57.3%となっています。

つまり、2世帯に1世帯は、インターネットをしている環境にあります。
ここまで世の中に浸透してるんです。

ネットの広告は、もともとインターネット上に多数存在していました。しかし、そのネットの広告は、大抵、自社の広告を自社サイトで表示しているだけでした。
その為に、自社のサイトに訪問されないと、なかなか広告の意味がありません。そこで、一般のサイト運営者達に、自分たちのサイトの広告を貼ってもらうかわりに、あなたのサイトに貼ってくれた広告から来た人の売上の数%を支払いますというのが、始まりです。

サイト運営者にとっては、自分のサイトに他社の広告を貼っておくだけで、訪問者が偶然その商品を広告から購入。
そうなれば、売上の数%がもらえるのです。
だから多くの方がネット広告をサイトに表示しています。
もしも、あなたが、とても読者の多い、注目サイトを運営しているとすれば、個人的な契約で、ネット広告を出せるかもしれませんが、大抵の方は、普通のサイトです。
ブログの方もたくさんおられます。

アフェリエイトサイトは、さまざまなサイトのネット広告を持っています。
アフェリエイトサイトによってもさまざまですが、その広告数は、膨大にあります。
ブログを始めたばかりやサイトを始めたばかりでも、アフェリエイトは、出来ます。アフェリエイトサイトに登録をすればいいだけです。
サイトによっては申請が必要ですが、サイト内容を充実していけば可能となるので、やってみると良いと思います。

次にどのようなサイトがあるのかを見てみましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyajinofuntouki.blog87.fc2.com/tb.php/166-298d765e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。