三沢氏 ありがとうございました。

ここでは、「三沢氏 ありがとうございました。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はあまりにもありえない出来事が起きました。
多くの人が知っていると思いますが、あの、三沢氏が
試合中にバックドロップを受け死亡したとの報道が流れたのです。

私が知ったのは死亡のニュースではなく、心肺停止だったが一時脈が戻ったとのニュース。
もう、二度と三沢氏が試合が出来ないのではないか?
こんな心配がずっとつきまとっていました。

それが、2時間後、死亡のニュースが流れ、昨日は涙が止まらず体全身が痺れていました。

私は30年以上もプロレスを愛し続けている人間です。
小学生の時、金曜八時のワールドプロレスで長州力の存在を知ってから
常にプロレスは見ていました。

川田とのタッグでタイガーマスクのマスクを自ら脱ぎ、三沢光晴が誕生したときの
かっこよさは今でも鮮明に覚えています。
全日本プロレスを故馬場氏の妻との対立で独立後、プロレスリングノアを立ち上げ
見事、全日本、新日本に並ぶプレロス団体を立ち上げてくれました。

申し訳ないですが、私はノアの試合には行った事がありません。
だが、故橋本氏のゼロワン旗揚げに行ったときのメインイベントでの三沢さんの
雄姿は本当にかっこよかった。

最近体調が思わしくなく経営も厳しいと言われていましたが
長年の蓄積が爆発したのだと思います。
で、なければバックドロップの受身に失敗するはずがありません。

46歳とあまりにも若すぎる死ですが、残された功績は計り知れないと思います。

本当に感動をありがとうございました。


fbt0906137701nsbig.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyajinofuntouki.blog87.fc2.com/tb.php/355-a3b6206a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。