銀行口座の準備をしましょう

ここでは、「銀行口座の準備をしましょう」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここまで準備ができたら、次に準備するものは銀行口座の開設です。
お小遣いサイトにはネットバンクが便利です。

ネットバンクとは、一般の銀行のように店舗を持たずにネット上でのみ運営されている銀行のことです。
有名なところではイーバンク銀行 とジャパンネット銀行があります。
海外での利用も考えるなら「Paypal」 も用意しておくといいですね。
普段使っている口座よりも振込み手数料が安いのが魅力です。

お小遣いサイトだけでなく、ネット通販 ネットオークションと幅広い活用方法があるのでお勧めです。

■ イーバンク銀行
ネットバンクで最古参。
設立は2000年1月。
現在で100万口座を超えネットバンク中で最大の口座数と預金量を誇る。
メールマネー(登録者同士ならメールで送金や受け取りができる。)が魅力

【特徴】

・口座維持手数料は105円/月。

・インターネットで24時間365日、利用可能。

・ジャパンネット銀行口座間の送金はリアルタイムで処理。

・振込手数料は、ジャパンネット銀行宛は52円、他金融機関宛は168円(インターネット利用、3万円未満の場合)。

・入出金には、三井住友銀行、郵便局、コンビニの提携ATMが利用でき、1回の入金額が5万円以上ならば入金手数料は無料。

・出金手数料に関しては、前月の預金残高や利用回数などに応じた回数だけ、無料で引き出すことができる。

・前月中の預金平均残高が10万円以上、前月の振込回数が2回以上、クレジットラインの申し込みなど簡単な条件のいずれかを満たしている場合、口座維持手数料は無料。

お申し込みはこちら




■ ジャパンネット銀行
三井住友銀行が株式の57%を保有するネット銀行。
三井住友銀行・アイワイバンク銀行(セブンイレブン)・郵便局のATMで入出金可。
インターネット銀行のパイオニア 『ジャパンネット銀行』
口座維持手数料は105円/月。

【特徴】

・インターネットで24時間365日、利用可能。

・ジャパンネット銀行口座間の送金はリアルタイムで処理。

・振込手数料は、ジャパンネット銀行宛は52円、他金融機関宛は168円(インターネット利用、3万円未満の場合)。

・入出金には、三井住友銀行、郵便局、コンビニの提携ATMが利用でき、1回の入金額が5万円以上ならば入金手数料は無料。

・出金手数料に関しては、前月の預金残高や利用回数などに応じた回数だけ、無料で引き出すことができる。

・前月中の預金平均残高が10万円以上、前月の振込回数が2回以上、クレジットラインの申し込みなど簡単な条件のいずれかを満たしている場合、口座維持手数料は無料。

お申し込みはこちら




■ 郵便振替
郵便貯金口座(ぱ・る・る)とは異なります!

サイトによっては、郵便振替口座しか指定できないところもありますが、換金時期が近付いてから口座を作ってもいいと思います。

印鑑と身分を証明できるものを持って行き、窓口で 「郵便振替口座を作りたい」 と伝えれば、必要書類を渡してくれます。

何の目的で使用するのか質問される場合もあるそうですが、無難に、ネットオークションで使うと答えておけば問題ないそうです(実際に、ネットオークションでも使用できます)。

ただし、手続きをした郵便局からでないと出金できないという規定があるので、自宅や最寄り駅付近などの利用しやすい郵便局で口座を作ることをお勧めします。



参考:郵便貯金HP




上記3つの口座は全て持っているのですが
現在、私がおすすめするのは、イーバンク銀行 です。

ほとんどのお小遣いサイトの換金が、イーバンク銀行 に対応しています。
また、イーバンク銀行 しか対応していないサイトもあります。

換金時のサイトからの振込み手数料も、イーバンク銀行 が
一番お得になっているサイトも多いようです。

その他に他の銀行への振込み手数料なども格安になっています。

登録料や口座維持手数料も一切かかりませんので
お小遣いサイトに興味ある方もそうでない方も、この機会に是非どうぞ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyajinofuntouki.blog87.fc2.com/tb.php/87-c15cca35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。